扇風機の振動で射精しちゃう男子小学生  小6男子のオナニー体験

ゆみこ先生と僕 -アナタごめんなさい!私、生徒に膣内射精されひゃったぁ!-もしも近所にHなサービスをしてくれる銭湯があったらおねえちゃんといっしょ ~夜のお勉強タイム~お姉ちゃんの友達がとても性的だった弟くんの話

 

思春期に入り始めた小学六年生。
エッチが何か、セックスが何かも知らなかったけど、裸の女性の写真みたらオチンチンが膨らみました。
写真なんか無くても、女性の裸を想像するだけで、勝手におチンチンが膨らむのが不思議でした。

小学生のころ、当たり前ですがエロ本なんて持ってません。
いつも眺めて興奮していたのは、百科事典の歴史的なヌード名画でした。
なぜそうする事をするようになったのかは、忘れてしまいましたが、オチンチンふくらませながら、百科事典を撫でたり、舐めたりしていました。

ある時、家族が購入してくる週刊誌に、ヌードグラビアページが有ることを知りました。

読み終わって、無造作に新聞と積まれていた週刊誌をこっそりゲット。
自分の部屋に持ち込んで眺めていたときの事です。
当然、大きく固くなるオチンチン。
無意識なのか、本能なのか、自然と手が股間に行きます。
その時は、まだ「シコシコ」する事なんて知らないお年頃。
気持ち良い所を探して、ウラスジをナデナデ。
触れるか降れないかくらいでワサワサ触るのが気持ちよかったのです。
タマタマも結構気持ちよく、こちらもフェザータッチで周りを撫で回してました。
ワサワサワサワサ、さする手が段々と早くなります。
気持ち良くて夢中になっていると、突然その時はやってきます。
そうフィニッシュ。
焦ってトイレに駆け込みました。

初めての時は、焦りが先に出てしまいましたが、気持ちよかった事だけは、はっきり覚えています。

オナニーを覚えて暫くたったある日、公園の片隅に「実話スペシャル」という、当時の小学生にとっては、かなりエッチな本が落ちてました。
表紙を見ただけでもドキドキする内容。
でも、その時は友達と一緒だったので、気にしてない素振りで、遊びました。
内心、誰かに拾われてしまわないかと気が気じゃ無かったです。
夕方、友達と別れてから、急いで戻り実話スペシャルを無事ゲット。
カバンを持ってなかったので、お腹の服の下に隠して帰宅。
お腹が痛い素振りで、トイレに直行。
そのまま、部屋に戻って持ち込み成功です。
早く眺めたいのをグッと我慢して、お風呂に入り夕飯を食べました。

そして、やっとお楽しみタイム。
本を開く前からおちんちんは期待でカチカチ。
ご対面した中身は、かなり衝撃的。
週刊誌のヌードグラビアや百科事典とはレベルが違います。
ヌード写真あり、エロマンガあり、風俗店の写真なんかもありました。
所謂ヌードグラビアのすましたカメラ目線と違って、女性の表恍惚とした感じでエロティックだったを覚えています。
その中でいちばんのお気に入りだった写真が、薄い下着一枚で、おっぱいが見えるように腰をひねりながら、お尻を突き上げてるポーズの女性。
小学六年生には、かなり刺激の強いポーズでした。
しょせんは、紙なのですから、触っても只の紙です。
でも、ワケもわからないままに、愛撫するかのように、写真のお尻や胸を指先で撫で回してました。
そうすことが、エロマンガのようにその女性を喜ばしてる気になっていたのだと思います。
当然というか、自然にというか、もう片方の手は股間に行ってます。
オナニーを覚えてから編み出した、気持ち良いさわり方フルコース。
ウラスジソッとワサワサ、タマタマそっとワサワサ。
写真のお尻を舐めたりしていると、そう時間もかからずフィニッシュ。
至福のひとときでした。
この頃は射精を我慢して、長い時間楽しもうなんて頭ありませんから、本能のおもむくままのオナニーでした。

ただ、この時飛んだ汁がお気に入りページに附着したらしく、開けなくなって悲しかったのを今でも覚えています。

宝物が出来てから暫くたった夏の日の出来事です。

当時、プラモデルに強力なモーター付けるのが流行ってました。
同世代の方であればわかると思いますが、
世界的に有名なモーターメーカーの黒い比較的高価なモーターです。
元来、物作る事が好きだった私は、そのモーターを使ってハンディ扇風機を作りました。
上手く回って結構涼しかったのですが、そこは小学生。
ついつい人形と扇風機を戦わせてしまったのです。
すると、その羽が一枚折れてしまいました。
三枚羽のうち、二枚残ってるので、涼しいのですが、中心がズレる為、振動がもの凄くなってしまいました。
それを押さえ込もうと股間に挟み込んだ時、衝撃が走ったのです。

「き、きもちいい~」
これぞまさに怪我の巧妙。
今まで手でしていたオナニーとは、全く別次元です。
オチンチンの上から壊れた扇風機を押し当てて、ブイーン。
先っぽの方では、頭に電気ショック受けたような快感がはしりました。
先っぽがこんなに気持ち良いなんて、手では気が付かなかったのです。
ブイーンブイーンと言わせながら、オチンチンの上を行ったり来たり。
夢中で刺激していると、あっという間にいってしまいました。
この時は壊れた扇風機だけで行為してしまいましたが、夜には宝物の
実話スペシャルを眺めながらリベンジ。

エロマンガでは、バイブで女性が身体をよじらせて気持ちよさそうにしていました。
「もっと激しく~」みたいなセリフと合わせて、扇風機もスピードアップ。

いきそうになってきたら、グラビア頁に変えてフィニッシュ。
汁飛ばさないようにティッシュ使う知恵もつきました。

この本の広告にあった本物の大人の玩具なら、もっと凄く気持ち良いのだろうなと思いました。

懐かしい思い出です。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました