男子小学生にプールで無理やりポロリさせられてしまった私のオッパイ

パンツ泥棒たちとスク水マーメイドプールで出会ったおねえさんとエッチな関係になっちゃうお話【感謝御礼100¥】現役女子高生水泳部のコーチで、毎日スク水巨乳達と生ハメして孕ませた話パンツ泥棒とスク水マーメイド

私がその経験をしたのは26歳の時のこと。
当時小学校教諭として勤務していた学校で、6年生の担任をしていました。

高学年は女子児童の方が大人っぽく、どちらかというと男子はまだ子どもといった印象でした。

しかし、そんな男子でも女子児童の中で「誰が可愛い」とか、女子を異性として見ている子は多く、
異性の身体についても興味を持ち始めているのだなと思うことはありました。

たまに私が男子児童と話をしている時も、明らかに目線が私のワイシャツの胸元に向けていたり、
スカートを履いている時は、脚を見つめたりすることも有ったため、
私も服装には気を付け、首元が広い服を避けたり、
身体のラインがはっきりわかってしまうようなニットなども着ないように気を付けていました。

ところが、そう気を付けていても、どうしても身体のラインが分かってしまう服装をしないとならない時がありました。

それが水泳の授業の時でした。

 

パンツ泥棒たちとスク水マーメイド

 

私の胸はD70であり、水着を着るとそこそこ胸は際立ってしまうことから、
上にTシャツを羽織る等して隠して普段は授業をしたりもしていました。

授業で着る水着は普段着る水着と違いかなりピッタリとしているため、胸が押しつぶされてしまいます。

そのため余計にエッチな感じがするのです。
なので羽織るものがないと、相手が小学生とはいえ私の胸を凝視してくる子が後を立ちませんでした。

ある時、他の小学校と合同で市の主催による水泳教室がありました。

この時はたまたま、水着の上に羽織っているTシャツを持ってくるのを忘れてしまいました。
私達教師は水泳を教えて下さるコーチの補助をする立場で参加し、
20人ほどの1グループをコーチと2人の教師が担当しました。

そこにいた1人の体格が大きな他の学校のA君がいたのですが、
このA君、なかなかの曲者で、コーチの指導を無視して自分勝手な行動ばかりしていました。
私が担任をしている6年生も、自分勝手な行動をすることもありますが、
A君はとにかく輪をかけて勝手な行動をしていたので、A君が泳ぐときは私も一緒に横に付いてあげて、指導をするようにしました。

なんとかほかの児童が居る場所まで泳いで合流させようと、A君に声をかけながら私も一緒に横を泳いでいた時の事です。

A君はピタッと泳ぎの動きを止め、水中で私の胸を凝視している感じでした。
するとA君はいきなり水の中で私の胸をわしづかみに。
最初はふざけていて偶然触られたのだと思っていたのですが・・

一度浮上したA君はニヤニヤしながら再度水の中に潜るやいなや、
今度は私の水着の胸の部分に手をかけて、下に思い切り引っ張ったのです。

ビックリしてA君の手を払いのけたのですが、その時の私の両胸は水の中でポロリ状態。
水の中で私の胸はプルプルと揺れ動き、ピンク色の乳首までもがあらわになってしまいました。

水の中とはいえ人に見られるはずのない乳首までもが丸見えの状態に露出されてしまい、恥ずかしくてたまりません。

一瞬のことだったかもしれませんが、胸があらわになってしてしまった事に顔が熱くなり、乳首もツンっと硬くなってしまいました。

まさか小学生にプールで脱がされてしまうなんて……
思いもよらない事がおこり恥辱心でいっぱになり頭は真っ白です。

A君には水中で私の胸や乳首を間近でしっかり見られてしまいました。
相手は小学生とはいえ、乳首まで見られてしまうなんて恥ずかしくて、悲しくて仕方がありません。

私は急いで水着を直しましたが、水中から顔を出したA君は何も言わずに私の方を見ると、
更ににやりと笑った表情を浮かべていました。

A君のその笑みは明らかにスケベ心を持った男性の表情であり、性的な興奮を感じているような印象でした。

A君が身勝手な行動をしていた理由は、
若い女性で胸の大きな私に最初から狙いをつけ、
他の人にバレないような少し離れた場所に私を誘導し、私の胸を、おっぱいを見ようと、二人きりになる環境を狙っていたのだと確信しました。

胸を見た後のA君は「目的を果たした」という表情をしながら、全く身勝手な行動をしなくなり、コーチの指導に従っていました。
まさに、私の胸を見るために「問題児を演じていた」のです。

明らかに確信犯で子どもがやった悪ふざけとは思えず、その表情に男性的なものを感じたことから、恐怖を覚えました。

まさか小学生に無理やり水着を引っ張られ、わざと胸を露出させられるなんて思いもよりませんでした。

あんな辱めをうけるなんて、今思い出しても逃げ出したくなります。
いつも身近に小学生と接しているため特に警戒もしておらず、小学生の男の子なんてまだまだ子どもだと思っていました。

しかしA君に性的な対象に見られ、実際に水着に手をかけられてしまい、あまりにも恥ずかしく、ものすごくものずごく驚きました。

その後はA君とできるだけ関わらないように過ごし、他の学校の児童だったこともあり、
その水泳教室以来、会うこともありませんでした。

私の胸を至近距離で見たA君の満足そうな表情からも、きっと私の胸を思い出しながら自慰行為に耽っていたことでしょう。

ただ、私としてはあのA君の薄ら笑いを浮かべる表情が今でも忘れず、とにかく嫌悪感しかありません。

 

プールで出会ったおねえさんとエッチな関係になっちゃうお話

コメント

タイトルとURLをコピーしました